マンゴーハウス,キャンディ,ヒッカドゥワ,ゴール,トゥクトゥク,ジェットウイングライトハウス

ana_mile_totochanのブログ

あるひ、陸マイラーの存在を知り、興味を持ち、色々調べてみて、いざチャレンジしているTOTOCHANのブログです。

スリランカ個人旅行㉓シギリヤロック登頂

≪目次≫

 

モーニング

朝は、ホテルのレストランにモーニングに行きます。

 

(=^▽^)σ-----→嫁が見つけます!

 

昨夜、部屋に料理を持ってきてくれた若い青年です。

 

その彼に朝の挨拶

 

『グッドモーニング』

 

相手も気づいてくれます。

 

満面の笑みで応えてくれて、そして席に案内してくれます!

 

モーニングはビュッフェです。

 

はい、やらかしました(≧∇≦)

 

写真がありません。

私も嫁も撮っていませんでした^_^

 

 

シギリヤロックへ

モーニングを終え、部屋に戻り準備をして、ラヴィンさんと合流。

シギリヤロックに向かいます!

車で5分位だったと思います。

もっと早かったかも、直ぐに着きました!

 

シギリヤロックとは

↓↓↓こちらを↓↓↓

シーギリヤ - Wikipedia

 

スタートラインです!

f:id:ana_mile_totochan:20190828071828j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190828071816j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190828071812j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190828071822j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190828071831j:image

 

 

チケットは、ラヴィンさんが買いに行ってくれました。

観光客と地元民では窓口が違います。

観光客レーンは長蛇の列!

おそらくラヴィンさんは、地元民の列に並んで買ってきてくれたのだと思います。

並んでる人に対して、戻ってくるのがやたらと早かったから!!

こういう時は、ガイド兼ドライバーさんを、お願いしてて良かったと思いますね!

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20190828184919j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190828184915j:image

岩と岩の間を通って行きます!!

ここまでは、ほぼ平坦でした。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190829140027j:image

急に階段がキツくなります。


f:id:ana_mile_totochan:20190829140024j:image

朝早く来たのに、この長蛇の列です。

でも、ラヴィンさん曰く、空いてると!

昼近くになると、某アジア大国の団体さんが来てもっと混み合うと言ってました。


f:id:ana_mile_totochan:20190829140016j:image

このシートがかかっている内側が

『ミラーウォール』です。

シートは劣化対策でしょう!きっと。


f:id:ana_mile_totochan:20190829140018j:image

まだまだ中間にも来てませんが、振り向くとこの景色です(╹◡╹)

 

さらに登って行きます。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190829141153j:image

蟻のように列ができてます(笑)

 

f:id:ana_mile_totochan:20190829141234j:image

後ろの方に見える螺旋階段を上ると

『シギリヤレディ』の壁画がありますが、

撮影禁止です。

螺旋階段を上って壁面を見て、螺旋階段を下りてくる。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190829141408j:image

これが『ミラーウォール』です。

当時は、磨きがかかってて壁面のシギリヤレディが写っていたとか!

今となっては、よく分かりませんσ(^_^;)

保護するわけですね!

 

さらに進みます!

f:id:ana_mile_totochan:20190829141756j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829141834j:image

↑ここは帰りに通るようです。

 

 

ライオンロック到着

ようやくライオンロック到着です!

ここまで見て頂いたように、一本道でそれなりに渋滞してるので、そんなに疲れはないですね!

f:id:ana_mile_totochan:20190829141955j:image

ライオンの前足の間に階段があります。

最後の追い込みですが、ここで一息。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190829141723j:image

 

再会

ここで、岡山の老夫婦に声を掛けられます!

偶然の再会ですo(^o^)o

帰りは、ここから来たルートと違うので、時間が少しズレてると会うことはなかった。

ある意味運命ですかね(笑)

そして何と、手助けなしで登れたそうです。

素晴らしい!!

「よく上れましたね」「すごい、すごい」

「わしらが上れたんじゃけぇ、大丈夫よぉ」

「わしらより、若いんじゃけぇ」

などと、話は盛り上がりますが、私達は、ここから最後の追い込みで、急で風の強いこの階段を上って行きます!

 

  • 私達夫婦は、もともと広島出身で、今は埼玉在住。
  • 岡山の方言は、広島に似てて、とても親しみがあり、懐かしい。
  • 勝手に親近感を持っていました(^_^)

 

いざ、登頂へ

最後の階段を一段ずつ上って行きます。

f:id:ana_mile_totochan:20190829181342j:image

急でかなりキツイですが、頑張ります!!

 

そして遂に到着しましたo(^-^)o

 

頂上の風景

絶景です!!

f:id:ana_mile_totochan:20190829181606j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829181611j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829181628j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829181631j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829181618j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829181634j:image


f:id:ana_mile_totochan:20190829141817j:image

 

下界の風景

f:id:ana_mile_totochan:20190829182140j:image

ここを歩いて来ました!
f:id:ana_mile_totochan:20190829182145j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190829182135j:image

 

大草原にあるシギリヤロック 

当時は完璧な要塞だったと思いますが、兵糧攻めにあうと辛そうです。

 

まとめ

  • シギリヤロックの登頂は朝がいい。
  • 朝でも暑いですが昼間はもっと暑いそうです。
  • 朝は某アジアの団体さんがいない。
  • 朝でも日差しはあるので、帽子、日焼け止め、あればサングラスは必需品。あと、サンダルよりスニーカーのように歩きやすいものがgood。
  • 2月だったからか、スズメバチはいなかった。
  • 野ザルがそこそこいた。聞くと3種類いるそうで、おとなしい猿、人懐っこい猿、狂暴な猿といるそうです。狂暴な猿はからかうと突っかかってくるので要注意。ヨーロピア系の人がからかって軽く襲われていた。
  • 朝でもそこそこ混み合っているので、ゆっくり登頂する感じ。
  • お金を払えば、手を引っ張ってもらいながら登頂できる。(最後のシギリヤロックの急階段を下っている時、手を引っ張ってもらっているヨーロピア系の超膨よかなマダムがいました。)

 

 

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20190830072622j:image

PVアクセスランキング にほんブログ村