マンゴーハウス,キャンディ,ヒッカドゥワ,ゴール,トゥクトゥク,ジェットウイングライトハウス

ana_mile_totochanのブログ

あるひ、陸マイラーの存在を知り、興味を持ち、色々調べてみて、いざチャレンジしているTOTOCHANのブログです。

スリランカ個人旅行⑦高速バス移動

《目次》

 

 

日本語を話すMINIドライバー

スリランカ3日目。

2日間お世話になったゲストハウス
www.booking.com

『ドリフト BnB コロンボ』とお別れをして、スリランカ首都コロンボから古都ガルに移動です。

 

移動は、ハイヤー・汽車ではなく高速バスで移動する予定です。

高速バス乗り場『マハラガマ』まで行かなくてはいけないのですが、ゲストハウスからは、11kmと距離があります。

 

当然、PickMeの出番です。スリーラーではなく、MINIを呼びます。

Book Nowを押して暫くするとMINIがやってきました。

 

 

またまた、面白いことが!

なんと、ドライバーさんが日本語を話すのです。

このドライバーのプシュパさんは、茨城県水戸市に出稼ぎに行っていたそうで、時折カタコトですが、会話に困ることはなく、マハラガマまでの車中は楽しいドライブとなりました。

と言ってもその時間約20分程度(笑)

 

※スリーラー、MINIのドライバーさん達、基本的に乗ると観光の営業をかけてきます。

私達は、都市を点在するので、基本お断りしてました。

 

プシュパさんも同じく営業してきました。が、スケジュール全て決まってるからとお断りすると残念がっていました。

 

ガルから戻ってくる日を伝え、高速バス乗り場からネゴンボまでの移動を頼めるかを聞くと、何回も日にちを確認して、電話番号を交換しました。

 

 

高速バス乗り場

高速バス乗り場に着いてからは、ガル行きのバスを探すのが大変だと思っていましたが、なんとプシュパさんが案内をしてくれて、なんの問題もなく乗り込みすることが出しました。

マハラガマからガルまで、1人420LKRで行けます。

f:id:ana_mile_totochan:20190506113734j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190506113738j:image

 

人との繋がりの大切さを感じました。

プシュパさんありがとう!

高速バスで、マハラガマからガルまでは約1時間30分。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190506113953j:image

高速バスの車内の写真です。

ガラガラに見えますが、出発の時には満席になりました。

座席が埋まったら出発のようです。

f:id:ana_mile_totochan:20190506113622p:image

スリランカの高速道路は、日本が作ったそうで、文字がシンハラ語以外は違和感がなく国内の高速道路を走っているようで、快適なドライブでした。

 

ガルのバス乗り場に到着し、荷物を受け取り、次に予約していたゲストハウスに向かいます。が、これがまた一苦労しました。

 

PickMeキャンセルされる

PickMeでMINIを呼びました。スマホの画面を見ながら、少し距離があり時間がかかるな。

と思っていた時に、ドライバーから電話がかかってきました。

何を言っているのか分からず、何となく話をしていたら、電話が切られてしまいました。

次の瞬間、ショートメールが届き、英文を何となく読んでみると、ドライバーからキャンセルされたようでした。

f:id:ana_mile_totochan:20190506164446j:plain

キャンセルの案内

これもまた初体験でビビりました。

まさかのキャンセルです。英語が喋れないのは困ったものです。

再度、PickMeで呼ぼうとした時に、嫁がそこにいるスリーラーの人に値段聞いてみよう。

と言うことに。

とりあえず、PickMeは画面上で概算金額が出るので、その金額を見てから交渉することにしました。

f:id:ana_mile_totochan:20190509202159j:image

約600LKR

 

先ずはGoogleMapで行き先を見せます。

すると、PickMeの金額の3倍近くふっかけてきました。その額2000LKR。

そこで、事前に調べておいた600LKRを示すと、Noの返事が。

交渉の始まりです!

 

スマホの電卓画面で金額表示しながらの交渉です!会話はOK、NOを数回繰り返し、結果1000LKRで手を打ちました。

 

スリーラーよりひと回り大きいスリーラーでしたが、キャリーバック2個はキツイです。無理くり、2人とキャリーバック2個を押し詰め状態で乗り込みました。

途中で燃料を注いで、ゲストハウスに向かいます。(小額でしたが確かガソリン代も支払ったと思います。)

そして、このスリーラー。

 

ものすごく遅い。

 

他のスリーラー、車全てに抜かされました。

暑いので早く走って欲しかったのですが、重量オーバーなのか、古いからなのか分かりませんが、とにかく遅い。

ドライバーのお兄さんはとてもいい人で、つたない英語で会話っぽいことをしながら走ること30分強。

ゲストハウスに着くのでした。

 

 

 ↓今回のスリランカ旅行はBooking.comでホテルの予約をしました。

www.booking.com

PVアクセスランキング にほんブログ村