マンゴーハウス,キャンディ,ヒッカドゥワ,ゴール,トゥクトゥク,ジェットウイングライトハウス

ana_mile_totochanのブログ

あるひ、陸マイラーの存在を知り、興味を持ち、色々調べてみて、いざチャレンジしているTOTOCHANのブログです。

スリランカ個人旅行③PickMe初期設定

《目次》

 

 

 

PickMe初期登録

さあ、スリランカの現地SIM『dialog』でiPhone SEが開通したところで、スリラ

ンカ旅行に欠かせないPickMe(ピックミー)の登録を行います。

PickMeは、Uberスリランカ版と言えば分かりやすいでしょうか。

と、言っても私はUberも使ったことがないので、他の方のブログ情報等でPickMeを知り、ダウンロードは日本で行ってきました。

 

 

①アプリを開くと初期画面が出てきます。

ここは、シンハラ語タミル語は分からないので、英語を選択し、→を押します。

f:id:ana_mile_totochan:20190331162214j:plain

PickMe初期画面

 

②次に電話番号設定画面になります。

先ほど、dialog SIMを購入した時に、電話番号を記載された用紙をもらったので、その番号を入力します。

国はスリランカの+94になっていました。

なので電話番号を入力すればOKでした。

f:id:ana_mile_totochan:20190331162609j:plain

電話番号入力画面

電話番号を入力し、NEXTを押すと、パスワード設定の画面になります。

f:id:ana_mile_totochan:20190331163221j:plain

パスワード設定画面

これで、初期設定は完了です。

位置情報をONにしておけば、今いる場所にピンが設定されます。

あと、支払い方法も、現金とクレジット払いと設定できます。

私はクレジット払いを登録し準備完了です。

※クレッジット登録は普通に番号登録・有効期限・名前の入力で完了です。

 

 

現地時間で午前1時。羽田空港を10時45分に出発して11時間45分。

さすがに疲労のピークが近づいてきました。

 

これから、スリランカのバンダラナイケ国際空港からコロンボのホテルに向かいます。

車の送迎ポイント(ロータリー)に行くと(行く途中も)タクシーの呼び込みがすごいです。

そこを断りながら、先ほど登録を済ませたPickMeを使ってみます。

空港(ネゴンボ)からコロンボまでは、車で1時間強の道のり。

 

キャリーケースもあるので、スリーラーではなく、MINIを選択し、現在地をピン設定して、目的地のコロンボのホテルを地図上で探します。

f:id:ana_mile_totochan:20190331180946j:plain

Book Now

↑上の緑のピンが自分のいる所。赤いピンが目的地。(これは後からブログ用に設定したので逆になってます。コロンボからネゴンボ)

車両のイラストがありますが、TUK(トゥクトゥク・スリーラー)、Nano(車ですがトランクのない超小型車)、右にスライドするとMINI、Car、Minivan、Van、VIPと車両が選べます。

車両のイラストの下におおよその金額が表示されます。

その下がCashになっていると現金払い。

右側の+Promo Codoを押すと支払先にクレッジトカードを追加できます。

 

現金だとチップを要求されて、小銭がないと大きなお金を渡すことになるし、高額のチップを要求するドライバーがいるらしいので、クレッジト払いにしておくとチップ込みで楽でした。

 

 

この地図上でポイントを探すのが、慣れるまでは非常に難しいです。

住所を入力する方法もあります。

後々に分かってきましたが、大体の場所でも何とかなります。

 

さて、空港で初めてBook Nowボタンを押しました。

すると、恐らく近くを流していたであろうMINIの車両がピックアップされました。

車両ナンバーが画面に表記され、あとは待てば来る。

そう思っていました。その時までは。

予期せぬ出来事が・・・。

 

いきなり電話が鳴り始めました。

何々・・。

ドライバーからでした。

因みに私の英語力はゼロに等しいレベルです。

 

スリランカに到着したばかりで、初めてのPickMe、異国で電話が鳴るのも初めてです。

心臓がバクバクしながら、『はろ~』

何かしゃべってます。

分からないです。

因みに、スリランカの英語はなまってて早口です。

 

多分場所の確認なのでしょう。

訳が分からず、思わず嫁に電話を渡してしまいました。

嫁も英語はしゃべれません。今思えば最低な行動でした。

 

電話が切れて、しばらくするとMINIがやってきました。

アプリの地図上でMINIが動くので、近づいていることは分かりました。

画面の車両ナンバーとMINIの車両ナンバーが同じことを確認し、『ピックミー』と聞くとYESの返事。

画面を見せ、地図・ホテル名を確認し『おーけー』と聞くとOKの返事。

※後で知りましたが、ロケーションOKだけで良かったみたいです。

 

 

ドライバーさんが、ネゴンボからコロンボまで、一般道かハイウェイかを聞いてきていたので、早くホテルに着きたかったので『ハイウェイ、オーケー』と返事をしました。

ハイウェイ代は別途現金が必要。と言っているようなので、『オーケー』

 

ここで、役にたったのが、Google翻訳VoiceTraです。

現地SIMのおかげで車内でも使え、何とかドライバーさんとコミュケーションが取れました。

でも、不安だったのでPickMeの画面(地図)とGoogleMapを確認しながら乗っていました。

無事にホテルに到着。

支払いもクレジット払いを設定していたので、クレジットOKと言ってチェックしてもらいました。

すると、携帯にショートメールで支払い完了のメッセージが届きました。

f:id:ana_mile_totochan:20190405184713j:image

このショートメールはいいですね。

クレジット払いの完了が分かるのと、金額が履歴として残る。

(クレカの請求書と照らし合わせることができます。)

これから始まるスリランカ 旅行での必須アイテム『PickMe』でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村