totopchan 陸マイラー スリランカ旅行

ana_mile_totochanのブログ

あるひ、陸マイラーの存在を知り、興味を持ち、色々調べてみて、いざチャレンジしているTOTOCHANのブログです。

スリランカ個人旅行⑬ジェットウイングライトハウス

紅茶のお土産

ヒッカッドゥワで2日間お世話になった

Neelas Beach Guest house

を、お別れです。

チェックアウトをしていると、オーナーが出てきて、別れを惜しんでくれました。

そして、日本でここを宣伝して欲しいと言って紅茶をお土産に頂きました。


f:id:ana_mile_totochan:20190620215524j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190620215527j:image

紅茶好きな嫁と私は大喜びでお礼を言いました。

予期せぬ配慮に感謝です。

爆破テロ以降は、観光に行くにも躊躇してしまうかもしれませんが、ぜひスリランカ、ヒッカドゥワ に行かれることがあれば

Neelas Beach Guest house

に泊まってみて下さい!

心温まるスタッフの方々に出会えると思います!

 

マネパカード

 

ジェットウイングライトハウス

ニーラズを後にし、次に向かったのが古都ガル(ゴール)です。

ミニをPickMeで呼び、次なる宿泊地

ジェットウイングライトハウスに向かいました。

まず、ミニを降りてフロントに向かう途中にある階段

f:id:ana_mile_totochan:20190621075406j:image

この階段を登ってフロントに行きます!感動!

フロントのあるフロアーに行くと、更なる感動が

f:id:ana_mile_totochan:20190621185956j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190621190026j:image

オープンフロアーで、目の前は一面の海!

そこのソファで待つように言われ、待つ間にソフトドリンクのサービス。f:id:ana_mile_totochan:20190621190344j:image

このアイスティは美味しかった!

 

f:id:ana_mile_totochan:20190621190450j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621190458j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621190501j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621190455j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621190453j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621190504j:image

素晴らしいロケーションでした。

フロント分かりました?

2枚目の写真の真ん中ちょい左にあります!

チェックインの手続きを済ませて、いざ部屋へ。

部屋に行くのも迷子になりそうな感じです。

 

Nature Rhythm

 

ここからしばらくお部屋の写真をご覧ください!

f:id:ana_mile_totochan:20190621191335j:image

キングサイズのベッド


f:id:ana_mile_totochan:20190621191345j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621191317j:image

グラス・コーヒーカップ等があるカップボード


f:id:ana_mile_totochan:20190621191341j:image

コーヒーマシーンと電話


f:id:ana_mile_totochan:20190621191323j:image

洗面化粧台


f:id:ana_mile_totochan:20190621191329j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190621191659j:image

シャワー&バスタブ


f:id:ana_mile_totochan:20190621191714j:image

バスタブ

海外でのバスタブは重宝しますね。

湯に疲れるのは嬉しい。


f:id:ana_mile_totochan:20190621191656j:image

クローク

アイロン台もありました。


f:id:ana_mile_totochan:20190621191721j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621191707j:image

トイレ


f:id:ana_mile_totochan:20190621191739j:image

洗面化粧台


f:id:ana_mile_totochan:20190621191710j:image

書斎?カウンターテーブル


f:id:ana_mile_totochan:20190621191653j:image

バルコニー


f:id:ana_mile_totochan:20190621191647j:image

バルコニーソファ


f:id:ana_mile_totochan:20190621191643j:image

バルコニー


f:id:ana_mile_totochan:20190621191726j:image

バルコニーからの景色

 

ポイントインカム_ニンテンドープリペイドカード訴求

 

 

ここからアメニティを載せてみます。

f:id:ana_mile_totochan:20190621192733j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621192726j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621192749j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621192729j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621192736j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190621192740j:image

ロウソクがあって、夜の入浴は癒されました!

 


f:id:ana_mile_totochan:20190621192744j:image

これなんだと思います?

 

 

答えは

 

 

トイレットペーパー

でした。

 

因みに、この後知ることになるのですが、スリランカのトイレはトイレットペーパー流せます。

早く知りたかった!!!

  

お金がたまるポイントサイトモッピー

スリランカ個人旅行⑫礼儀正しい団体さん

海鮮ランチ

アーユルヴェーダを終え、お昼ご飯を食べに行きます。

行ったのは

REFRESH RESTAURANT

高級海鮮レストランとなっていました!

このレストランまで、ゲストハウスからスリーラーに乗って移動しました。

 

頼んだのは、

228 fish curry with plain rice(魚のカレー)

151 sizzling style kalamari(イカ

390 lionlarger(ライオンビール)

f:id:ana_mile_totochan:20190609172008j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190609171710j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190609171705j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190609171714j:image

チョイと辛いですが!

とても美味しかったです!

食べている途中で、周りは西欧系の人が多い中、ある団体が入ってきました。

 

 

DMMmobile

 

礼儀正しい団体さん

スリランカに来て、あちこちで

ユー!チャイニーズ!

と言われるくらい中国人が多いので、

(と、言っても日本に近いアジア圏程ではないです。)

中国の団体さんかな。

この団体さんもうるさいのかな。

と思っていたら、おしとやかでおとなしい団体さんでした。

総勢20名強の人数で、スリランカカレーを堪能していました!

その団体さんが私達より早く離席し次の目的地に向かうようでした。

ほとんどが男性で、女性が1人(多分)

添乗員さんらしき人1人。

最後に残った男性1人、女性1人に私の嫁が話しかけます。

私には無い嫁の長所です。気になると声をかける。

「日本の方ですか?」
「えっ!はい。」

驚いていました。

「やっぱり」
「日本人オーラ出てました?」
「なんとなく」

日本人観光客の少ない(ほとんどいない)

ヒッカッドゥワで日本語で話しかけるわけですから驚きますよね!

話をしてみると、立命館アジア太平洋大学硬式野球の団体さんでした。

f:id:ana_mile_totochan:20190613190738j:image

なんでもスリランカに野球の普及に来ているとか。

クラブやバッドなどを寄付して、野球の交流をしていると。(違ったらゴメンなさい)

なんとも素晴らしい活動をしていると人達と出会えました。

次の目的地に行く時間とかで、会話をしたのはほんの2〜3分でした。

が、嫁が話しかけなければ、接点のないまますれ違ってただけに。

 

詳しくは  ↓  ↓  ↓  こちらをご覧ください。

www.apu.ac.jp

 

 

これです。

嫁との旅行が楽しい。楽しい思い出になるのは、この現地の人とのふれ合いがあるからなのです。

これは、日本、海外関係なくです。

声をかけ、接点ができると、私も話に加わります。

その甲斐あってか最近では、私からも声かけが少し出来るようになってきました。

この後、まだまだ続くスリランカの人とのふれ合いも書いてみますので、お楽しみに!

 

ストーカー

 

 

 

お金がたまるポイントサイトモッピー

スリランカ個人旅行⑪アーユルヴェーダ(シロダーラ)

アーユルヴェーダ初体験

ヒッカッドゥワのゲストハウス『ニーラズ ゲストハウス ヒッカッドゥワ ビーチ』の道路向かいに、アーユルヴェーダのお店がありました。

f:id:ana_mile_totochan:20190606190424j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190606190428j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190606190405j:image

写真にあるのが、アーユルヴェーダのコースにあるシロダーラです。

おでこにオイルを垂らす感じです。

 

という事で、早速行ってみました。

 

お店の中に入って受付でメニュー表を見せられ

シロダーラをお願いしました。

スリランカに来て初めてのシロダーラです。

 

お店構えをみて、どうなんだろう。

と思いながらも受けてみることに!

 

なんと、全裸で受けた上に、全身オイルまみれになったので、残念ながら写真はありません。

初めてだったので、いいのか悪いのかも分かりません。

 

UQ mobile

 

ネッシー現る

途中でハーブ風呂に入るのですが、軽く何か羽織って移動。

衝撃のハーブ風呂!

なんと、普通のFRP製の浅めの軽く足を伸ばせるくらいのバスタブ。

しかもお湯は半分くらい。

寒いので肩まで浸かると、

 

大事な部分がネッシーのように水面から出てきます。

 

お湯はハーブで濁ってるので浸かれば見えませんが。

このハーブ風呂に20〜30分は居たような気がします。

実際はもう少し短いのかもしれませんが、建物の裏側でカーテンで仕切られただけの安っぽいバスタブに全裸で入っている。

 

大丈夫だろうか。

 

と不安があったので長く感じたのかもしれません。

その後部屋に戻り施術台に横になって、おでこにオイルが。

気持ちは良かったですが、施術後はタオルで拭くだけ。

部屋を出ると、嫁は既に終わって待ってました。

 

3時間はシャワーもダメと言われました。

 

オイルが身体に染み込むだとか言ってた様な曖昧な記憶です。

お金を払い、道路向かいのゲストハウスに戻り、速攻でシャワーを浴びる私でした。

頭の先から足の先までオイルまみれな状態がダメでした。

シャンプーにボディソープで洗いまくりました。

流れていくオイル!もったいないのかな?

でも、洗い流しても身体はスベスベでした!

 

 

妻の浮気

 

pc.moppy.jp

スリランカ個人旅行⑩事件発生!内出血

体験サーフィン申し込み!

ヒッカドゥワビーチにきた理由の一つサーフィンを体験すること。

もちろん、私達夫婦はサーフィンをしたことのない超ど素人です。

おまけに嫁は泳げません。

f:id:ana_mile_totochan:20190531213210j:image

そこで、日本にいる時にネットで見つけた

ロングビーチゲストハウス

に、ヒッカドゥワについて、直ぐに申し込みに行きました。

ここは、プロのサーファーがいて、その奥さんが日本人という情報があったからです。

泊まっているゲストハウスからは、歩いて5分位でした。(近っ!)

いざ、行ってみると、ご主人が対応してくれました。(日本語と英語MIX)

宿泊先が違うからかは分かりませんが、奥さんらしき人は奥に居たのですが全く話に入ってきませんでした。

 

現地にいる日本の方とのコミュニケーションを期待していたので、非常に残念な感じでした。

でも、肝心の体験サーフィンの予約は取れました。(翌日の午前)

ただ、指導してくれる人を紹介してくれましたが、英語オンリーの方でした。

結果的に払ってないのでハッキリ覚えてないですが、値段も結構高めだったと思います。

 

んっ!払ってない!なぜ?

なんかクレームつけて払わなかったのか。

 

と思った方もいるかもしれません。

違います。

その日の午後一に予約して、その日の夜にキャンセルしたからです。

 

DMMmobile

キャンセルの理由

予約を無事に終えて、ホームページには料金なかったけど値段高かったね。でも、明日が楽しみだね。

なんて話をしながら、宿泊しているゲストハウスに戻って、水着に着替え、いざビーチに!

海に足つけたり、ビーチチェアでまったりした時間を過ごしている時に、ゲストハウスの人に、体験サーフィンとかの営業をビーチの真ん中でしている人が弟だと紹介され話を聞いてみることに。

これが失敗でした。

体験サーフィンを格安で出来る。

先ほどの予約金額の約半分。

ここで、ついつい明日の前に少しやってみようか!とすけべ心が出てしまい。

やってみることに。

スリーラーで波の穏やかなスポットに移動して、ビーチで指導を受ける。

ん。これだけ!?

サーフボードの上にうつ伏せになって、パッて立つ。

これを何回か繰り返して海へ。

おいおい俺たちど素人だぞ!

穏やかな波といってもそこそこ唸ってます。

当然立つことなど出来ず、何度も何度もチャレンジしますが、終わりのあたりで何となくコツが掴めたのか数秒。ほんの一瞬だけ立てるようになりましたが、嫁はもうやめていました。

 

Nature Rhythm

 

嫁が怪我をする

嫁は全く立つことが出来ないどころか、波でボードから落ちて波に揉まれ、溺れる寸前まで行き嫌気がしたそうです。

しかも、その波に揉まれている時にボードで顔をぶつけたらしく、右目の下に内出血が!!

恐らく。イヤ間違いなく遊び半分の指導ど素人のそのスリランカ人にクレームを言いました!

即フィニッシュし、ゲストハウスに戻りました。

全く楽しくなかったのです。嫁は怪我をするし。

安いから保険はないし。

夕飯をレストランで食べながら明日の体験サーフィンをどうするか話をしました。

結果、止めよう。

という事になり、私一人でキャンセルをしに出向いて行きました。

理由を説明し、キャンセルを申し出たら、快く応じてくれました。

が、素人に教わったらダメだよ。いい加減で同じような話をよく聞く。

と言われました。

ごもっともな話でしたが後の祭りです。

我々は波の穏やかなところで水面でボートに立つ所からゆっくり教えてるから、来れなくなったのは残念。

と言われました。

私達も本当に残念です。浮気しなければよかった。

 

じゃらん特集一覧

 

問題は目の下の内出血

スリランカ旅行のまだ半分も消化していません。

目の下の内出血がこれからの旅の写真に残ってしまいます。

化粧でどこまで隠せるかって、化粧をしてみて、どう?と聞かれるも遠目にみると分からないけど、近くに来ると分かる。

うーむ!微妙

しかも、うってるから少し腫れてる。

お互いに安さにつられた事を後悔です。

 

でも、せっかく来たスリランカを楽しみたい!

その気持ちが強くあり、嫁が目の怪我以降も楽しく振舞ってくれたので、この後のスリランカ旅行も楽しめました。

怪我、それも女性の顔。普通なら凹んでブルーになり、その後は楽しめない可能性大です。

嫁には頭が上がりません。時折見せる目を気にする仕草がいたたまれません。

 

体験モノは、値段も重要ですが、プロに教わる事がもっとも重要だという事をまなびました。

私達が滞在してる間、その営業をしてた場所に彼らの姿はなくなりました。

皆さんも気をつけて下さい!

最低でもお店を構えてる所に行きましょう。

逃げられないので!

 

 

[お金がたまるポイントサイトモッピー

スリランカ個人旅行⑨ヒッカドゥワでの食事

ディナー

さて、ヒッカドゥワに着いて最初の食事です。

スリランカ3日目の夕食となります!

このゲストハウスのビーチに面したレストランに行ってみました。

f:id:ana_mile_totochan:20190522104549j:image

ビーチ沿いで雰囲気のあるレストランでした。

席に座りオーダーして、さざ波の音色を聴きながら待っていると、食事が運ばれてきました!

f:id:ana_mile_totochan:20190522104838j:image

私のオーダー。ヌードルです。

スリランカヌードルが気に入ってしまいました!


f:id:ana_mile_totochan:20190522104835j:image

嫁のは、チキンフライです。

ここまでの道中で見かけたものと、違ったようで少し不満気味!

f:id:ana_mile_totochan:20190522105903j:image

↑ こんなのを想像してたようです。

 

いざ食べ始めると、なかなか美味で美味しいです。

ただ、お腹がそんなに空いてなかったので、多く感じてしまいました。

店員さんも、日本人と知ると、とてもアットホームに話しかけてきます。

とても楽しい夕食になりました!

 

Nature Rhythm

モーニング

朝早くに目が覚め、ビーチまでお散歩に行ってみました。

西欧のご婦人が、ヨガマットを敷いて朝ヨガをしていたり、波打ち際を歩いてる人、走っている人と様々でしたが、1番最高に良かったのは日の出を見れたことでした。

f:id:ana_mile_totochan:20190522112545j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190522112548j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190522112551j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190522112542j:image

さて。スリランカ4日目の朝食は、同じくゲストハウスのレストランで、モーニング。

予約内容が朝食付きだったので、レストランに行きます。

f:id:ana_mile_totochan:20190522110657j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190522110653j:image

当たり障りのない軽めの朝食としては申し分なしです。

これにデザートが付いてます。

撮り忘れたので、↓2日目の朝食の写真です。

f:id:ana_mile_totochan:20190522111411j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190522111425j:image

豪勢な朝食でした!

 

pc.moppy.jp

スリランカ個人旅行⑧ヒッカドゥワビーチ

ヒッカドゥワビーチ到着

スリランカ旅行3日目の昼過ぎ、ヒッカドゥワビーチに到着です。

今回のスリランカ旅行の目玉の一つだった、ビーチにやってきました。

これから2泊お世話になる

『Neelas Beach Guesthouse』です。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190511172632j:plain

ゲストハウス前の道路

 

コロンボと違いのんびりしています。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190511163345j:plain
f:id:ana_mile_totochan:20190511163537j:plain
Neela's Guest House-Hikkaduwa Beach

f:id:ana_mile_totochan:20190511175051j:plain

フロントまでの通路

この狭い通路を通ってフロントです。

赤丸のところがフロントです。

初めてだからあってるのか不安でした!!

↓ こちらがフロント!

f:id:ana_mile_totochan:20190511163905j:plain

フロント

ビーチのゲストハウスっぽい置き型の非常にシンプルなカウンターでした。

(内心大丈夫か?と不安もありました。)

 

ここ、分かりやすく言えば、廊下のひと区画です。扉もなく外部に面しています。

2階の廊下の下なので雨はしのげますが。。。

 

チェックイン

フロントでチェックインをして部屋に案内してもらいます。

(チェックインはBooking.comの予約確認書を見せるだけ。日本語版と英語版の両方を印刷して持ってきていたので、フロントで見せればOK)

↓ ここから部屋の写真です。

f:id:ana_mile_totochan:20190513192836j:plain

部屋のドア

f:id:ana_mile_totochan:20190514094419j:image

f:id:ana_mile_totochan:20190514094430j:image

ベッドの目玉は服が映りこんでました。

f:id:ana_mile_totochan:20190513193121j:plain

f:id:ana_mile_totochan:20190513193158j:plain

セーフティボックス

ここはセーフティボックスがありました。1・2泊目のゲストハウスには無かったので困りました。

セーフティボックスあると、取り敢えず安心感ありますよね!

f:id:ana_mile_totochan:20190514094530j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190514094526j:image

シャワーとトイレは同じ空間にあります。

f:id:ana_mile_totochan:20190513193841j:plain

専用バルコニー

f:id:ana_mile_totochan:20190513193914j:plain

専用バルコニー

この右手の柱から手前の柱にロープが張ってあり、水着とか干せます。

f:id:ana_mile_totochan:20190513194146j:plain

ビーチ

バルコニーから見るビーチ!!

波が高すぎて泳いでる人はいませんでした。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190513194525j:plain

ゲストハウスの3階

スリランカの国旗があるところが3階。ちなみに3階は一部屋だけ。

何度か予約の取り直しをしたので、どうやってこの部屋にたどり着いて予約したか覚えていませんが、一番いい部屋みたいでサイコーでした。

結果オーライってヤツですね!

 

前面の道路から狭い通路を抜けて、お部屋ゾーンをさらに抜けると、レストランゾーン

その先はビーチbeachです!

 

f:id:ana_mile_totochan:20190517200222j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190517200230j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190517200226j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190517200236j:image

 

ニーラズゲストハウスの詳細は ↓ こちらからご覧になってみて下さい。 

www.booking.com

 

Booking.comは ↓ ↓ こちらから予約すると特典があります。

www.booking.com

 

次回はヒッカドゥワでの食事を書きますね!

スリランカ個人旅行⑦高速バス移動

日本語を話すMINIドライバー

スリランカ3日目。

2日間お世話になったゲストハウス
www.booking.com

『ドリフト BnB コロンボ』とお別れをして、スリランカ首都コロンボから古都ガルに移動です。

 

移動は、ハイヤー・汽車ではなく高速バスで移動する予定です。

高速バス乗り場『マハラガマ』まで行かなくてはいけないのですが、ゲストハウスからは、11kmと距離があります。

 

当然、PickMeの出番です。スリーラーではなく、MINIを呼びます。

Book Nowを押して暫くするとMINIがやってきました。

 

DMMmobile ← 格安スマホ!DMM mobile

 

またまた、面白いことが!

なんと、ドライバーさんが日本語を話すのです。

このドライバーのプシュパさんは、茨城県水戸市に出稼ぎに行っていたそうで、時折カタコトですが、会話に困ることはなく、マハラガマまでの車中は楽しいドライブとなりました。

と言ってもその時間約20分程度(笑)

 

※スリーラー、MINIのドライバーさん達、基本的に乗ると観光の営業をかけてきます。

私達は、都市を点在するので、基本お断りしてました。

 

プシュパさんも同じく営業してきました。が、スケジュール全て決まってるからとお断りすると残念がっていました。

 

ガルから戻ってくる日を伝え、高速バス乗り場からネゴンボまでの移動を頼めるかを聞くと、何回も日にちを確認して、電話番号を交換しました。

 

DMMmobile← 格安スマホ!DMM mobile

 

高速バス乗り場

高速バス乗り場に着いてからは、ガル行きのバスを探すのが大変だと思っていましたが、なんとプシュパさんが案内をしてくれて、なんの問題もなく乗り込みすることが出しました。

マハラガマからガルまで、1人420LKRで行けます。

f:id:ana_mile_totochan:20190506113734j:image
f:id:ana_mile_totochan:20190506113738j:image

 

人との繋がりの大切さを感じました。

プシュパさんありがとう!

高速バスで、マハラガマからガルまでは約1時間30分。

 

f:id:ana_mile_totochan:20190506113953j:image

高速バスの車内の写真です。

ガラガラに見えますが、出発の時には満席になりました。

座席が埋まったら出発のようです。

f:id:ana_mile_totochan:20190506113622p:image

スリランカの高速道路は、日本が作ったそうで、文字がシンハラ語以外は違和感がなく国内の高速道路を走っているようで、快適なドライブでした。

 

ガルのバス乗り場に到着し、荷物を受け取り、次に予約していたゲストハウスに向かいます。が、これがまた一苦労しました。

 

UQ mobile

 

PickMeキャンセルされる

PickMeでMINIを呼びました。スマホの画面を見ながら、少し距離があり時間がかかるな。

と思っていた時に、ドライバーから電話がかかってきました。

何を言っているのか分からず、何となく話をしていたら、電話が切られてしまいました。

次の瞬間、ショートメールが届き、英文を何となく読んでみると、ドライバーからキャンセルされたようでした。

f:id:ana_mile_totochan:20190506164446j:plain

キャンセルの案内

これもまた初体験でビビりました。

まさかのキャンセルです。英語が喋れないのは困ったものです。

再度、PickMeで呼ぼうとした時に、嫁がそこにいるスリーラーの人に値段聞いてみよう。

と言うことに。

とりあえず、PickMeは画面上で概算金額が出るので、その金額を見てから交渉することにしました。

f:id:ana_mile_totochan:20190509202159j:image

約600LKR

 

先ずはGoogleMapで行き先を見せます。

すると、PickMeの金額の3倍近くふっかけてきました。その額2000LKR。

そこで、事前に調べておいた600LKRを示すと、Noの返事が。

交渉の始まりです!

 

スマホの電卓画面で金額表示しながらの交渉です!会話はOK、NOを数回繰り返し、結果1000LKRで手を打ちました。

 

スリーラーよりひと回り大きいスリーラーでしたが、キャリーバック2個はキツイです。無理くり、2人とキャリーバック2個を押し詰め状態で乗り込みました。

途中で燃料を注いで、ゲストハウスに向かいます。(小額でしたが確かガソリン代も支払ったと思います。)

そして、このスリーラー。

 

ものすごく遅い。

 

他のスリーラー、車全てに抜かされました。

暑いので早く走って欲しかったのですが、重量オーバーなのか、古いからなのか分かりませんが、とにかく遅い。

ドライバーのお兄さんはとてもいい人で、つたない英語で会話っぽいことをしながら走ること30分強。

ゲストハウスに着くのでした。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト ← モッピーの登録はこちらから。

 

 ↓今回のスリランカ旅行はBooking.comでホテルの予約をしました。

www.booking.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 応援お願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村