マンゴーハウス,キャンディ,ヒッカドゥワ,ゴール,トゥクトゥク,ジェットウイングライトハウス

ana_mile_totochanのブログ

あるひ、陸マイラーの存在を知り、興味を持ち、色々調べてみて、いざチャレンジしているTOTOCHANのブログです。

長野県/善光寺→渋温泉→奈良井宿③

今回は、6月に嫁と1泊2日で行った、

長野県 渋温泉♨️です。

《1日目》

自宅 → 善光寺渋温泉(今回はここから)

《2日目》

渋温泉(ここまで)奈良井宿 → 自宅

f:id:ana_mile_totochan:20191119171357p:image

こんな感じです(*^▽^*)

 

≪目次≫

 

 

古久屋のお部屋

私たちの宿泊したお部屋を紹介します。

回数は多分2階で、貸切風呂の月泉の入り口の隣です。

前回の月泉の暖簾の隣に見える扉です!!

f:id:ana_mile_totochan:20191119172211j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119171702j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119171658j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119171655j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191119171749j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119171753j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119171912j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119171905j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119171909j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191119172013j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172009j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172044j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172048j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172135j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172139j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191119172131j:image


2人で泊まるには十分な広さでした!
今回は、booking.comで予約をさせて頂きました。

 

 

夕食

f:id:ana_mile_totochan:20191119173831j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119173839j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191119173836j:image

 

 

 

朧月夜の茶会

毎年6月に朧月夜(おぼろつきよ)の茶会があるそうです。

今年は、6月2日の夜と言うことで、たまたまですがビンゴでしたo(^o^)o

各旅館の女将がお抹茶をたて振る舞ってくれます。あわせて、生落雁をいただきます。

琴の生演奏を聴きながら美味しくいただきました(^_−)−☆

落雁は、鮮度が必要らしく流通しないのだとか!!

f:id:ana_mile_totochan:20191120072549j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191120072546j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191120072552j:image

詳しくは↓↓こちらを↓↓

渋温泉便り|信州渋温泉  朧月夜の茶会

 

 

蛍鑑賞

渋温泉は、蛍も見れると夕食の時に中居さんに教えてもらったので、見に行くことに!!

f:id:ana_mile_totochan:20191120090730j:image

分かりますか?

超微妙過ぎて削除するところでした(笑)

真ん中に小さな光が。

これが蛍です!!

そこそこ飛んで居ましたが、撮影の腕が悪かったです(^_^)a

渋温泉便り|信州渋温泉  ホタル鑑賞

 

 

千と千尋の神隠しのモデル?

と言われている金具屋さん。

ここは、ほぼ満室で、お値段も他よりお高め!!

空室はありましたが、今回は古久屋さんに決めました!

f:id:ana_mile_totochan:20191120091110j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191120091105j:image

迫力ありました!!

多くの方が写真を撮っていました!!

 

 

スペインの運転手

翌朝チェックアウトしますが、車は離れた駐車場に!

旅館の方に車で送ってもらうのですが、運転してくれた人は、何とスペインの方でした。

旅行で渋温泉に来て気に入ってしまい、働いているとか。

日本の(長野の)歴史、超詳しかったです!!

真田十勇士の1人、忍者の猿飛佐助の修行した場所(角間渓谷)の話聞いた時、数年前に行ったことあったので、盛り上がりました(笑)

角間渓谷/上田市役所

 

そんな話をしながら駐車場に到着。

運転お上手でした。

次回は、奈良井宿です!!

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191120091536j:image

長野県/善光寺→渋温泉→奈良井宿②

今回は、6月に嫁と1泊2日で行った、

長野県 渋温泉♨️です。

《1日目》

自宅 → 善光寺渋温泉(今回はここです。)

《2日目》

渋温泉奈良井宿 → 自宅

f:id:ana_mile_totochan:20191115174712p:image

こんな感じです(*^▽^*)

 

≪目次≫

 

 

渋温泉

善光寺を後に渋温泉へ車を走らせドライブですo(^o^)o

一般道で約30Km、50分位とナビがいいます。

走ってる途中で気になるお店があると寄ってしまうので、1時間30分位かなと思いながら車を走らせました。

気になるお店。なかったです。

コンビニでコーヒータイムの小休憩ぐらいでした。

 

 

信州渋温泉 古久屋

事前に電話で駐車場について問い合わせした時に確認されました。

駐車場は別の場所にあるそうで、宿に着いたら直ぐに降りれるように荷物の準備をしておいて下さい。と。

車は、宿の人が移動してくれるそうです。

f:id:ana_mile_totochan:20191115174909j:image

着いてビックリ!!

車1台がやっとの道を行きます。

※写真は一つ違う路地ですが、そんなに大差ないです。

これは確かに路駐して、荷物の準備をしてたら他の人に迷惑ですね。

 

古久屋入り口

f:id:ana_mile_totochan:20191115175000j:image

エントランス

f:id:ana_mile_totochan:20191115175122j:image

受付

f:id:ana_mile_totochan:20191115175152j:image

階段

f:id:ana_mile_totochan:20191115175251j:image

階段はあちこちにあって最初、迷子になりそうでした!

バリアフリーでは全然無いです(>_<)

 

 

古久屋内湯巡り

源泉100%
古久屋は6つの自家源泉を所有していて、館内に9つのお風呂場があります。

 

私たちが入浴した順にご紹介します(^o^)

 

  1. 二階露天風呂 華清の湯
  2. 一階内湯風呂 柔肌の湯
  3. 貸切風呂 月泉(予約不要)
  4. 一階ひのき風呂 古代檜風呂
  5. 貸切風呂 清泉(予約制)
  6. 一階大浴場 最勝の湯
  7. 一階露天風呂 一茶の湯
  8. 一階露天風呂 福六の湯

 

 

 

華清の湯


f:id:ana_mile_totochan:20191116183155j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183152j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183226j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191116183303j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183300j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183404j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191116183401j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191116183442j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183439j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183520j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183516j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183553j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191116183550j:image

 

 

柔肌の湯
f:id:ana_mile_totochan:20191118071926j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118071929j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118072025j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118072021j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118072103j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072107j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072112j:image

 

 

貸切風呂 月泉

f:id:ana_mile_totochan:20191118072608j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072612j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072620j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072624j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118072616j:image

 

古代檜風呂

f:id:ana_mile_totochan:20191118072904j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073506j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118072957j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073007j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073003j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073436j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073056j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118073046j:image

 

 

貸切風呂 清泉

f:id:ana_mile_totochan:20191118073801j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118073841j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073838j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073834j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118073925j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118073921j:image

 

 

最勝の湯

f:id:ana_mile_totochan:20191118074218j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118074129j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074134j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074256j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118074249j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118074252j:image

 

 

茶の湯

f:id:ana_mile_totochan:20191118074429j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118074933j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074936j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074939j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074542j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191118074631j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074628j:image

f:id:ana_mile_totochan:20191118074721j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118074728j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118074732j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118074725j:image

 

 

福六の湯

f:id:ana_mile_totochan:20191118183947j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184032j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184009j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184021j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184028j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184001j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118183936j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118183953j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184006j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118183941j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191118184015j:image

 

凄くないですか!!

宿の中にこんなにお風呂があると、全部入るの大変です!

時間帯で男・女湯が入れ替わるので、今入らないと入れなくなるお風呂があるので、それまでに入らないと。゚(゚´Д`゚)゚。

みたいなプレッシャーはありましたが、全制覇出来ました。

 

皆さん気づきましたか!

これだけあるお風呂を撮影しましたが、他のお客さんと全く被りませんでした(笑)

ほぼ全お風呂場貸切みたいでした(#^.^#)

 

 

渋温泉の目玉の一つ『外湯めぐり』

f:id:ana_mile_totochan:20191118190004j:image

お部屋にあるこの鍵を持って外湯巡りが楽しめます。

宿泊特典です!!

詳しくは↓↓こちらを↓↓

九湯めぐり|信州渋温泉

 

私たちは、宿のお風呂を回って満足&湯疲れして、外湯は行きません(行けません)でした(^_^)a

 

 

九湯十四槽巡りの宿古久屋へようこそ
Welcome to KOKUYA

当館は、渋温泉の中央に位置し、
外湯めぐりなど
渋温泉散策に適した温泉宿です。
源泉は6種類。館内だけで
九湯14槽の湯めぐりができ、
それぞれ趣の異なる
露天風呂付き客室も10室揃え、
源泉掛け流しの温泉を
心ゆくまで楽しんでいただけます。
心からの寛ぎ、癒しを感じて、
きっとご満足いただける旅となるでしょう。
どうぞ湯量豊富な古久屋で
至福の時をお過ごしください。

【公式HP】信州 渋温泉 古久屋 内湯九湯めぐりの宿

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191119072505j:image

ana_mile_totochanのブログ

長野県/善光寺→渋温泉→奈良井宿①

今回は、6月に嫁と1泊2日で行った、

長野県 渋温泉♨️です。

埼玉県に住んでる私たちは、車で行くことに!!

《1日目》

自宅 → 善光寺渋温泉

《2日目》

渋温泉奈良井宿 → 自宅

 

f:id:ana_mile_totochan:20191031184944p:image

こんな感じです(*^▽^*)

 

≪目次≫

 

善光寺

初日は自宅を出て、善光寺に向かいます!

圏央道関越自動車道上信越自動車道

と走り、長野ICで下りて事前に調べていた市営駐車場に!!

まずは、

信州善光寺御高礼前 名物 七味唐からし 根元 八幡屋磯五郎

で七味を購入。

f:id:ana_mile_totochan:20191106151638j:image

やはりショッピングです(笑)

 

善光寺仁王門

f:id:ana_mile_totochan:20191107183435j:image

 

仲見世通り
f:id:ana_mile_totochan:20191107183427j:image

 

山門
f:id:ana_mile_totochan:20191107183431j:image

山門を抜けていよいよ善光寺です。

 

本堂

笑えます!!

本堂の写真ありませんでした(°_°)

 

何年か前に来た時は、本堂改修中で内部に入れませんでした。

実は今回2回目の善光寺です。

 

戒壇巡り

初めて本堂内部に!!

f:id:ana_mile_totochan:20191108055123j:image

矢印実線の所から有料です。

点線の部分が『御戒壇巡り』となります。

詳しくは↓↓こちらを!

本堂のご案内-境内のご案内 | 信州善光寺

戒壇巡りとは、

内々陣の奥、右側を進むとお戒壇巡りの入口があります。お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。入口には、タイ国王より贈られた仏舎利(お釈迦様の御遺骨)とお釈迦様の像が御安置されています。

 

内陣券(一般500円)を購入し実線の所から本堂に入り⑪の所で階段を下りて行きます。

本当に一切の光がないので本当に全く何も見えません。右手で壁を滑らせながら進んで行く感じです。

早すぎると前の人にぶつかってしまいます。

何回か足を蹴ってしまいました。ごめんなさい。

1周終わって戻ると、眩しくて暫く目が開けられないですね。

でも貴重な経験が出来ました(^o^)

 

ランチ

十勝蕎麦 大善で蕎麦を食べていざ渋温泉へ!!

お蕎麦はとても美味しかったです(o^^o)

f:id:ana_mile_totochan:20191111191231j:image

信州・善光寺 十割そば 大善 | 信州・善光寺門前そば 長野市で美味しい手打ち十割蕎麦・更科そばをたべるなら、本物でこだりのある大善の絶品霧下そばをご堪能ください。

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191115180548j:image

スリランカ個人旅行㉜目次(Contents of Sri Lanka)

f:id:ana_mile_totochan:20191028191845j:image

 

スリランカ個人旅行のブログを書いていて思いましたが、思った以上に長編になってしまいました。なので、内部リンクでまとめてみました。

 

≪目次≫

 

 

 

ANAマイル特典航空券で予約して分かったこと!

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

iQOS!乗り継ぎ地(シンガポール)への持ち込み!ANAに聞いてみた!

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ大使館に聞いてみた。

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行①入国

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行②スリランカSIM・換金

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行③PickMe初期設定

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行④スリーラー観光

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ爆破テロ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑤スリーラー詐欺寸前

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑥初カレー

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑦高速バス移動

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑧ヒッカドゥワビーチ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑨ヒッカドゥワでの食事

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑩事件発生!内出血

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑪アーユルヴェーダ(シロダーラ)

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑫礼儀正しい団体さん

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑬ジェットウイングライトハウス

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑭ジェットウイングライトハウスII

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑮ゴール観光

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑯ゴールからネゴンボへ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑰現地の人と連絡を取る難しさ!でも何とかなるもんだね!

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑱マンゴーハウス ジャパニーズ ゲスト ハウス

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑲古都キャンディ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行⑳ヌワラ・エリヤの高原列車!!

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉑Noritake Factory Outlet(ノリタケ アウトレット)

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉒ホテルシギリヤ&我が家恒例のチャレンジタイム

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉓シギリヤロック登頂

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉔エレファントライドからのポロンナルワ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉕アラカルトディナー&早朝貸切プール

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉖ダンブッラ石窟寺院

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉗スリランカでの最後の夜

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉘過密な旅立ちの日

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉙スリランカ出国

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉚羽田国際空港での悲劇

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

スリランカ個人旅行㉛まとめ

ana-mile-totochan.hatenablog.jp

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191028191923j:image

スリランカ個人旅行㉛まとめ

 

 

今回のスリランカ旅行、行く前行った後では、スリランカのイメージがガラリと変わりましたo(^o^)o

 

元々、そんなに悪いイメージはなかったのですが、旅行後はスリランカが大好きになりました!!

今回、11泊12日で旅行したスリランカのまとめです(^-^)v

 

 

≪目次≫

 

 

スケジュール表作成

今回のスリランカ旅行に向けて、11月にスケジュール表を自分なりに作成してみようと思い、いくつかの旅行代理店のサイトを参考にしながら作ったスケジュール表は、我ながら満足のいくスケジュール表になりました。(自己満足)

せっかくなので自己満足のスケジュール表をアップしてみます。

 

≪スケジュール表≫

f:id:ana_mile_totochan:20191027164512p:plain

f:id:ana_mile_totochan:20191027164530p:plain

f:id:ana_mile_totochan:20191027164603p:plain

表紙含めて3ページです。

この3ページが苦労しました。

予定を変更するたびに修正・修正をしていたので、最終スケジュールが決まったのが11月でした。

ホッとした瞬間ですね。

 

さらに、ブログでも何度か書きましたが、私の英語力は小学生並み。

若しくは以下と娘に言われるほど苦手分野なので、Google翻訳様にご協力いただき、英語バージョンのスケジュール表も作成してみました(笑)

現地で迷ったりした時に見せれば何とかなる。そんな軽い気持ちでの作成です。

英語にご堪能な方から見れば??かもしれませんが、至って真剣にそう思っての行動です。

 

≪英語バージョンのスケジュール表≫

f:id:ana_mile_totochan:20191027164621p:plain

f:id:ana_mile_totochan:20191027164643p:plain

我ながらの大作です。
こんなのを作成したのは生れて始めてです。

あってるのかも不明です。

でも、嫁と娘に見せたら

『おっ!頑張ったじゃん。』

と、誉めてもらえたので満足です。

 

このスケジュール表を、旅立つ前に子供に渡します。

このスケジュールで行ってくるから何かあった時はヨロシク。

 

私は、スリランカに行ったときにこのスケジュール表が活躍するものと疑っていませんでした。

 

が、

 

現地でこのスケジュール表を見ることは、一度もなかったです。

 

何故か?

 

簡単です。

スケジュールを嫁と、

あ~でもない。こ~でもない。

あ~しよう!こ~しよう!

と話しながら決めていたので、

 

すべて頭に入っていた!

 

からです。

笑えました。

何のために作ったのかな。と。

でも、作ったおかげで記録に残る。かな!

記憶より記録です。

このスケジュールと写真を組み合わせると何十年後でも思い出せる。

と思います。(たぶん)

 

世界遺産

スリランカには何と世界遺産に登録されている所が8箇所もあります。

文化遺産

  1. 聖地アヌラーダプラ - (1982年)
  2. 古都ポロンナルワ - (1982年)
  3. 古都シーギリヤ - (1982年)
  4. 聖地キャンディ - (1988年)
  5. ゴールの旧市街と要塞 - (1988年)
  6. ダンブッラの黄金寺院 - (1991年)

この中で、2〜6に行きました(*^▽^*)

何と5ヶ所も( ゚д゚)

 

自然遺産

  1. シンハラジャ森林保護区 - (1988年)
  2. スリランカの中央高地 - (2010年)

 

今回のスリランカ個人旅行で、5ヶ所の世界遺産を巡ることができました(^o^)

皆さんは日本の世界遺産って幾つあるかご存知ですか?

私は知りませんでした。調べてみるまでは。

文化遺産は19ヶ所、自然遺産は4ヶ所の計23ヶ所あるそうです。

 

渡航先をスリランカに決めてから知ったことですが、国土は北海道の約8割の大きさです。

その中に8ヶ所もあることに驚きました。

今回の旅行で5ヶ所も回れたので大満足です(*^▽^*)

 

人の暖かさ

スリランカの人達はとてもフレンドリーで暖かいです!

シンハラ語が言語(一部タミル語)ですが、基本的に英語で大丈夫です。

※私は英語も苦手ですが(笑)スリランカの人の英語は、英語の苦手な私が聞いてもなまってますけどね(笑)

 

必ず聞かれるフレーズ

そして、必ず聞かれるのが、

『ユー、チャイニーズ?』

です。

 

日本人だと伝えると、何故かみんな笑顔になり優しく接してくれます。

英語以外で困ることはなかったですね。

それも、現地SIMカードを購入し、iPhoneを使っていたので、翻訳アプリ大活躍です(*≧∀≦*)

現地SIMカードは大正解でした。

私と嫁、それぞれ現地SIMにしてたので、困ることはなかったです。

 

 

マンゴーハウス ジャパニーズ ゲストハウス

なんと言っても、このゲストハウスに出会えたのは大きかったです。

日本人オーナーの幸路さんと連絡が取れ、カウンダさんをご紹介いただいた出会いは忘れられません。

スリランカ旅行の思い出の中で、カウンダさんの話は必ず出てきます。

スリランカ爆破テロがあった時、すぐにLINEで連絡をしました。

マンゴーハウスの関係者の皆さんは無事だったそうでホッとしましたが、多くの方が犠牲になったテロです。許せません。

 

今回の台風19号の時は、カウンダさんから連絡がありました。

f:id:ana_mile_totochan:20191027174135j:image

※ローマ字読みです!!

 

人との繋がりとは、有難いものです。

また会いたくなってしまいます。

私たちの旅行は、現地に行く、観光する。

だけでなく、現地の人と触れ合う。

これを醍醐味にしています。

 

 

私たちは、そんなに海外に沢山行けるわけではないですが、コツコツ貯めて次の行き先を決めたいと思ってます。

決めるポイントはその時々で変わるので、候補を上げながら考えようと思います(^o^)/

 

f:id:ana_mile_totochan:20191027175210j:image

 

スリランカ個人旅行㉚羽田国際空港での悲劇

≪目次≫

 

羽田国際空港

シャワーを浴びて気持ち的にもさっぱりして、リラックスモードで、いざ日本へ!!

何日ぶりの日本だろうか。

爆睡していました。

 

悲劇

日本に着いて、『ただいま』的な気分の時に事件は起こりました。

それは、受託荷物を受け取ったその時でした。

ベルトコンベアに流れてくる自分たちのにもつを一つずつ受け取り、いったん嫁へ!

預けていた荷物3個を無事に手元に。

さあ、後は帰るだけ!!

その時でした。

 

嫁:キャリーバッグ壊れてる

私:えっ!!!

f:id:ana_mile_totochan:20191011215552j:image


f:id:ana_mile_totochan:20191011215556j:image

 

見てください!

キャスターの部分が凹んでます。

これは、明らかにキャリーバッグを放り投げられ、キャスターから着地したものと推測されます。

直ぐに、ANAの職員を探し呼びます。

バッグが破損していると伝えると、少し待つ様に言われ、担当の若いお兄さんが来ました。

 

マニュアル通りの受け答え

 

このお兄さんが悪いわけではないのですが、後々聞くと一年生。

受け答えがマニュアル通り一辺倒で、勘に触るのです。

 

普段ならあまり気にしないのですが、フライト後で疲れていたのでダメでした!

 

文字で書くと普通ですが、心のこもっていないロボットの様な受け答えです。

 

簡単にやり取りをまとめてみました。

彼:中の荷物に破損がないか開けて確認して下さい。

私:??。ここで!

彼:はい。

私:こんな所でキャリーバッグ開けて中の物を全て出せと!

彼:中の物に破損がないか確認して頂かないといけないので。

私:中には衣服(洗濯をしていない服・下着)お土産等いろいろあるけど、この多くの人達がいる所で開けるの?

彼:では、あちらに。

と、隅の方に案内しようとするので、呆れました。

私:補償は、どんな手続きになるの?

彼:修理対応になります。なのでキャリーバッグを預かることになります。

私:キャスター部分がこれだけ凹んで修理できるの?

彼:はい。綺麗に直ります。

私:絶対に修理は無理でしょ!!

彼:直ります。

私:本当に?

彼:はい。

私:キャスター部分。いわゆる角がこんなに凹んだ修理見たことあるの?

彼:ないです。

 

ここまでのやり取りで約20分です。

 

お兄さんが、時折無線を使って指示を受けていたのは分かっていたので。

 

私:おいおい。あなたじゃ話にならないね。その無線の人を呼んで!!と伝えると

彼:私が担当です。呼べません。

 

意味不明です。

なぜ?

 

全く信じられませんでした。素人目にも修理のレベルではないと思ったので。

 

私:呼べないではなく呼べと言ってるんだけど。呼べないなら、無線貸して。それで話すから。

 

そこまで伝えて、やっと無線で連絡を取っていました。

 

こちらも早く話をつけて帰りたいので、彼には申し訳ないですが、伝言ゲームに付き合ってる暇はありません。

 

彼の上司

彼の上司が来ました。

彼よりは年上ですが若いお姉さんです。

しかし、しっかりした方でした。

 

来た瞬間にお詫びされ、破損したキャリーバッグをみて、これは修理では無理(直らない)だと思います。

無線で聞いていたのと、現物の破損状況がズレていました。と、再度お詫びされます。

 

そして、事務所の応接に案内されることに。

関係者しか入れないエリアです。

概ねの状況は把握していたので、恐らく彼の無線の相手であったことは分かりました。

 

こちらも冷静になり、話をしました。

 

その上司が説明してくれます。

上司:修理のできない破損は、当社のカタログの中から代替え品を選んでもらうか、減価償却分を引いた現金になります。なので現金の場合、購入額と使用年数で、金額を算出します。ちなみに、購入額・使用年数はお分かりになりますか!

私:このキャリーバッグはプレゼントしてもらった物で値段は分からない。

上司:メーカーと型番で調べても宜しいですか。

 

と調べてもらうと、だいたい3万円位の様です。使用年数がだいたい3年。

30,000円×0.7=21,000円

だと算出されました。

 

同じものを用意はしてもらえないのですか?

と聞きましたが、カタログ内から選ぶか、現金か、このまま帰るか。です。

 

カタログ内ならどれでもいい。と言われますが、破損したキャリーバッグは嫁のです。

そして、カタログの中に気にいるものが無いようです。

容量がある上に超軽い。

それと同等のスペックのキャリーバッグが載っていないからです。

 

話を持ち帰る事は可能かと確認すると、大丈夫との事で、いったん持ち帰ることに。

私は、だんだんイライラしてきました。

 

勘に触る上司の一言

私:このままの破損したキャリーバッグでは、宅急便って、預かってくれないよね。

上司:そうですね。破損したバッグは無理だと思います。キャリーバッグの代替えを用意しますので、そちらをご利用して下さい。

 

代替えのキャリーバッグを持って来てくれました。

 

私:明らかに、サイズが違うよね。一回り小さいから入らないと思うけど( *`ω´)

上司:今、用意できるのがこのサイズしかなくて・・・。

私:で!!

上司:・・・。

私:どうしろと?

上司:代替えのキャリーバッグに入れて、入らないものを、もう一つキャリーバッグを用意するので、、、。

 

話を遮ります。

 

私:荷物が増えてどうするの?そもそも、クレジットカードの特典で、キャリーバッグを無料で宅配に頼む予定で、私と嫁でそれぞれ一つ。しかも、明日着便の受付に間に合わなくなった。明日着の宅配費用は当然みてもらえるの?

上司:宅配の費用を見ることはできません。それと、お客様の到着便は時間通りに羽田に到着しております。そこから計算しても、そもそも明日便の受付には間に合ってないです。

と、強気と言うか、冷たく言われました!!

 

カチンときました。

 

私:言っていることは、ごもっともなのかも知れませんが、言い方があるでしょ!割れ物・取扱注意のステッカーが貼ってあるキャリーバッグを破損させておいて、最初に対応したのが、たまたま1年生でしどろもどろ。修理が出来ないものを修理で綺麗になると嘘をつかれ、その上、本来なら必要としない無駄な時間を大幅に取られ。何事もなければ、そろそろ家に着いてる頃!

 

 

落とし所

この時点で、破損発見から約1時間30分。

スリランカシンガポール → 日本

と乗り継ぎで日本に帰ったきた私達の疲労は、確実に蓄積されてきていました。

 

ここまで、私の中では冷静に話を進めていたつもりですが、思わず大きな声が出てしまいました。

 

私:冗談じゃない。ここに荷物置いて帰るから、明日持ってきてくれ!もう帰るから。

 

被害者なのに加害者みたいに言われた気がして、思い切って突き放しました。

散々です。

私:せっかくの楽しい旅行が台無しだよ。航空会社として、それでいいの?ANAビイキだっただけに残念でしかたない。

もういいよ。あなたのおっしゃる通りの方法で話すすめましょ。もう何もいいません。

 

突き放すと歩み寄ってくるもんですね。

落とし所の話し合いに持ち込んできました。

 

まず、

  1. キャリーバッグは、そのまま宅急便で送れるように受付まで一緒に行き、こちらで破損させた旨伝え受け取ってもらえるようにします。
  2. 代替え品は、カタログを持ち帰ってゆっくり選んで下さい。また、現金でのお支払いを希望される場合は、こちらに電話して頂ければ大丈夫です。履歴をしっかり残しておきますので。
  3. 破損したキャリーバッグは、着払い伝票を渡され、ご都合の良い時に電話して下さい。

 

色々ありましたが、普通に考えたらコレですよね。

ここまでくるのに、どれだけ時間がかかったか(>_<)

 

疲労感半端ないです。

でも、実はここまでのやり取りの、2/3はイライラしたやり取り、1/3は穏やかなやり取りです。

なので、終盤は和やかに話してました。

私たちも、長旅で疲れイライラしていたところもあるので、キツイ言葉があったことを詫び、彼と彼の上司と穏やかに話していました。

 

話も終わり、書類を受取り、やっとの思いで帰路につくのでした。

 

 

余談

  • キャリーバッグは、クレジットカードの無料特典で翌々日に届きました。ヤマトさんが、凹んでるんですけど。と不安そうに持ってこられました。事情を簡単に説明するとホッとされてました。

 

  • クレジットカード会社に海外旅行保険がついていたので、念のため問い合わせしてみました。

結果は、空港内であれば航空会社に補償してもらうことになります。とのこと。

金額は、30,000円×0.7=21,000円から手数料が引かれることになる。

航空会社に補償してもらう方が良い。が結論でした。

 

  • キャリーバッグは、こちらでお店を数軒回り、これならと言うキャリーバッグを見つけ購入しました。渡されていた連絡先に電話をして、選択肢はいくつかありましたが、現金書留で送ってもらいました。この時の電話対応はとても良かったです。

 

 

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191018071838j:image

スリランカ個人旅行㉙スリランカ出国

≪目次≫

 

バンダラナイケ国際空港

マンゴーハウスでひと時の休息をしたのちに、バンダラナイケ国際空港へカウンダさんに送ってもらいます。

スリランカは深夜便が多いらしく大渋滞です!

出発時間の3時間前に空港に着く予定でしたが、2時間前の到着となりました。

カウンダさんも車を駐めるところがなく、ここでお別れとなってしまいました。

 

荷物検査

空港に着くとそれはそれで大変です。

人が多い多い。

まず、カウンダさんに指差しで教えてもらった入口に!!

ここで、航空券を見せて1回目の荷物検査がありました。

荷物をセキュリティチェックに通して、空港内に入ります。

空港に入るのにセキュリティチェックを受けたのは初めてでした。

 

そこを抜けて、辺りを見渡します。

さて、どこに行けばいいのかな。

と、思っている時に、嫁がチケット貸して。

とチケットを手に空港職員にチケットを見せていました。

進む先が分かりました。

シンガポール航空のチェックインカウンターの場所を教えてもらい向かうと、チェックインカウンターに並ぶためのセキュリティチェックがあり、2回目の荷物検査を受けてチェックインカウンターに向かうと、既に長蛇の列。

ここで1時間弱かかりました。

※青文字部加筆しました。

 

※出国の際は早めに空港に行く事をお勧めします。

 

やっと順番がきて、受託荷物を計りに乗せ、カウンダさんに書いてもらったメモを見せます。

メモを見て、『OK、オール?』と聞かれたので、『イエス』と答えると、預けた荷物全てに割れ物ステッカーを貼ってくれました(^o^)

 

そのやりとりだけで、後は何の質問もなかったです(^-^)v

 

出国手続き

チェックインを済ませ、出国ゲートに向かいます。

ここも長蛇の列です。

ここで、スリランカで最も人気があるクリケットの選手団と遭遇することに。

その中の選手数人が何かに引っかかり、長く時間を要しています。

こちらにしてみればいい迷惑でしかない。この出来事。

列で待っている人達はイライラしてきます。

\\٩(๑`^´๑)۶////

スリランカで人気のクリケットの実業団かプロか分かりませんが、段取り悪くて呆れました。

 

クリケットとは →→ クリケット - Wikipedia

 

ロータスファーストクラスラウンジ

やっとの思いで、出国手続きを済ませ制限エリア内に。

時間を見ると搭乗開始時間5分前です。

免税店を見たかったのですが、諦めざるを得ません(泣)

プライオリティパスで入れる

ロータスファーストクラスラウンジ』

に、是非入りたいと思っていました。

喉もカラカラだったので、強行で入ることに!!

受付を済ませ、ドリンクを用意して飲み始めた瞬間にアナウンスがヽ(´o`;

何も堪能&リラックスもできないままラウンジを出ようとしたら、受付のお姉さんが不思議な顔をしていたので、

シンガポールエアライン

と言うと、おーっ!みたいな感じで、見送ってくれました。

私のロータスファーストクラスラウンジは瞬殺で終わりました(TT)

なので写真も無しです。

 

f:id:ana_mile_totochan:20191011203345j:image

かろうじて撮ったこれから乗るSQ469です。

 

チャンギ国際空港

スリランカを後にして、アジアのハブ空港であるチャンギ国際空港に戻ってきました。

往路でトランジットした空港なので、比較的迷うことなくプライオリティパスで入れるラウンジに向かいます(#^.^#)

それは、

アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)

f:id:ana_mile_totochan:20191010185832j:image

往路でくつろいだラウンジです!

往路の時はチャンギ国際空港5時間ありましたが、復路は3時間です。

免税店で少しお土産(チョコレート)を買い、ラウンジでリラックスタイムです。

 

ここで私はシャワーを浴びるつもりでした!!

でも、嫁は浴びないと( ゚д゚)

驚きました!

バンダラナイケ国際空港であれだけバタバタして、直前のマンゴーハウスでシャワーを浴びたにしても体が汗でベタついてた私には理解不能でした。

『荷物見てるから行っておいで』

『じゃあ、行って来るね( ^ω^ )』

f:id:ana_mile_totochan:20191010190751j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191010190747j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191010190754j:image
f:id:ana_mile_totochan:20191010190758j:image

綺麗なシャワールームです。

 

ここでシャワーが浴びれるのは大きいですね!

体と気持ちがさっぱりしました(^o^)

早速、嫁にさっぱりしたよ!行ってきたら!

と言うと、

どうだった?

タオルは?

みたいに、シャワールームを使う手順を聞く様な質問が!

係の人がいて、タオルがなければ持ってきてくれるし、使った後は直ぐに清掃してたからどこでも大丈夫だと思うよ。

私の場合は、たまたま係の人がいなかったので1番奥を使いましたが、嫁は手前を使う様に言われたそうです!

嫁もシャワー浴びて良かった!!

さっぱりするね。との事(^o^)

2人揃ってご満悦でした。

ただ、シャワーは男女混合なので、気になる人は厳しいかも!また、ドライヤーも一つしかなかったので、これも混み合うと使えないかもですね。

 

ラウンジでシャワーのブログは、何度も目にしましたが、いざ自身がシャワーを浴びてみて思いますが、良い。

 

このトランジットで、シャワーが

"あるか・ないか"

は、大きかったです。

 

f:id:ana_mile_totochan:20191011203929j:image

これから乗るNH 842です。

 

f:id:ana_mile_totochan:20191011204037j:image

機内食

 

やっと無事に羽田国際空港に到着!!

と、思ったのもつかの間。

さらなる悲劇が私たちを襲うのでした( ̄◇ ̄;)

その悲劇は次回をお楽しみに(≧∀≦)

 

 

f:id:ana_mile_totochan:20191011215013j:image

PVアクセスランキング にほんブログ村